リアルタイム株価データベース「タワー」

よくある質問と回答よくある質問と回答

皆様から寄せられた質問のうち、よくあるものを掲載しています。
お問い合わせの前に、ぜひ一度ご確認ください。

タワーサービスについて

タワーを利用するには、どうすればよいですか
リアルタイムの株価はどんな仕組みで提供されますか
過去の株価データが利用できますか
いま使っている株式投資ソフトで、リアルタイム株価データを利用できますか

タワーチケットについて

タワーチケットって、何ですか
決済方法はどのようなものが用意されていますか
タワーチケットの購入手順をくわしく教えてください
もうソフトを使わないのでタワーチケットを解約したいのですが
2種類の別のソフトでタワーを利用したいのですが
2種類のソフトを同時に使いたいのですが
ソフトを乗り換えたいのですが

ソフトウェア開発について

タワーに対応する株式投資ソフトウェアの開発・販売に関心がありますが

タワーサービスについて

タワーを利用するには、どうすればよいですか
タワーを利用するには、タワーに対応しているソフトと、タワーチケットが必要です。
タワーに対応しているソフトはこちらをご覧ください。
タワーチケットの買い方はこちらをご覧ください。
このページのトップへ

リアルタイムの株価はどんな仕組みで提供されますか
株式市場が開いている間の変動し続けている株価データを一瞬ごとにデータベース化し、ユーザーが自由に接続できる状態にします。
通常はタワーに対応しているソフトを起動することで、タワーに自動的に接続することができます。タワーへの接続の頻度などは、ソフトによって異なります。
このページのトップへ

過去の株価データが利用できますか
過去の株価データの提供もしています。
株価データは、四本値データを日足、週足、月足(日足:2005年8月26日以降、週足:2002年10月18日以降、月足:1991年1月31日以降)でご提供します。信用残、分割データも取得可能です。
このページのトップへ

いま使っている株式投資ソフトで、リアルタイム株価データを利用できますか
タワーに対応しているソフト以外では、タワーのリアルタイム株価データを利用することはできません。タワーからリアルタイム株価データを取得するためには、「タワースコープ」というプログラムがソフトの中に組み込まれている必要があります。
現在タワーに対応しているソフトは、こちらをご覧下さい。


タワーに対応してリアルタイム化してほしいと思える「使える株ソフト」がありましたら、タワー事務局までご連絡ください。タワー事務局から開発者に連絡し、タワーに対応したソフトが開発されることが決定したら、ご連絡をくださった方に謝礼させていただきます。


ご連絡はこちらから
このページのトップへ

タワーチケットについて

タワーチケットって、何ですか
タワーに対応しているソフトがタワーに自動的に接続できるようにするためには、購入していただいたタワーチケットに表示されているIDとパスワード(タワーチケット情報)をソフトに入力(登録)する必要があります。
タワーに接続する権利を保証するタワーチケット情報(IDとパスワード)、あるいはそれが表示された画面やそのハードコピーを総称してタワーチケットと呼んでいます。
タワーチケットはこちらからご購入いただけます。
このページのトップへ

決済方法はどのようなものが用意されていますか
決済方法は、クレジットカード決済と銀行振り込みによる決済があります。
クレジットカード決済の場合は、1か月ごとの自動継続になります。銀行振り込みの場合は6か月または1年間分の一括払いです。
詳細はこちらをご参照ください。
このページのトップへ

タワーチケットの購入手順をくわしく教えてください
こちらをご覧ください。
このページのトップへ

もうソフトを使わないのでタワーチケットを解約したいのですが
クレジットカードで購入した1か月ごとに自動継続するタワーチケットの場合は、お手数ですが解約する旨をメールでご連絡ください。その月の末日までに解約の手続きをいたします。
解約のメールはこちらから
銀行振り込みで購入したタワーチケットは、原則として解約できません。
このページのトップへ

2種類の別のソフトでタワーを利用したいのですが
タワーチケットは、タワーに対応するすべてのソフトウェアで利用可能です。ただし、同一のタワーチケット情報(IDとパスワード)を入力した複数のソフトが、同時にタワーに接続することはできませんのでご注意ください。
このページのトップへ

2種類のソフトを同時に使いたいのですが
同時に複数のソフトウェアをタワーに接続するときには、ソフトの数と同じ数のタワーチケットが必要です。同一のタワーチケット情報(IDとパスワード)で同時に複数の接続があると、認証エラーが発生します。
たとえば、自宅用パソコンと会社用パソコンに同じソフト(別の種類のソフトの場合も同様です)をインストールしている場合、それぞれを別の時間帯に利用することはできますが、同時に接続することはできません。
ひとつのソフトを複数のパソコンにインストールすることは、禁じられている場合があります。ソフトの規約に従ってください。
このページのトップへ

ソフトを乗り換えたいのですが
タワーチケットは、タワーに対応するすべてのソフトで利用可能です。乗り換えるソフトに、タワーチケット番号を入力してください。
このページのトップへ

ソフトウェア開発について

タワーに対応する株式投資ソフトウェアの開発・販売に関心がありますが
データ・ゲットとストックウェザーおよびインターストラクチャーのスタッフを中心として構成するタワー推進委員会は、ソフトウェア開発者と、株式投資家向けソフトウェアビジネスを支援いたします。開発者向けの説明会も開催する予定ですので、ご都合がよろしければ参加してみてください。
ソフトウェア開発者の方はこちら
このページのトップへ